wordpressのstrongを任意のspanクラスに変更する8行のphp

2019年4月6日

wordpressのビジュアルエディタの上にある「B」ボタン。

wordpressのstrongを任意のspanクラスに変更するTips

これを押すと、太字になります。

が、


<strong>太字</strong>

と出力されてしまいます。むやみにstrongを入れまくるとSEO的によろしくないので、別のものに変えたい。

そんなやり方を解説します。

プラグイン化しました!

ゴールはspan.strong

ゴールは、


<span class="strong">太字</span>

を目指します。span.strongはcssでblodを指定しましょう。

span.classに変えるソース

で、答えのソースです。

答えに近いソースをこちらの方が解説していましたので、そちらを少し改造しました。

ソース

function.phpに以下のソースを加えましょう。


function modify_formats($settings){
$formats = array(
'bold’ => array('inline’ => 'span’,’classes’ => 'strong’),
);
$settings['formats’] = json_encode( $formats );
return $settings;
}
add_filter('tiny_mce_before_init’, 'modify_formats’);

strongの部分を変更すれば任意のクラスになります。

boldの部分に、classesを追加しただけです。これで、「B」ボタンを押した時、strongではなく、span.strongになります。

なお、ショートカットキーでもspan.strongが出力されます。ちょっとだけ便利になりました!

【読み放題】kindleアンリミテッドで実は技術書が読める

Amazonに、読み放題のkindleアンリミテッドがあるのですが、実は技術書もあります。

» kindleアンリミテッドの技術書・一部

技術書は、3,000円とかが当たり前の値段だったりして結構高いのでkindleアンリミテッドで技術書を読むのも結構アリだなと思ってます。

kindleアンリミテッドは月額980円するのですが、全部無料で読むことができるため、本を買うよりお得。

月に1冊技術書を読むのなら、確実に得するので、本で勉強するのが好きな人は、kindleアンリミテッドに入るのがおすすめです。

初回は30日の無料体験ができて微妙ならすぐに解約できるので、一度登録してみるのはアリなんじゃないかと。