フリーランス 上谷亮太

フリーで3年生きた経験からフリーランスの働き方を3パターン紹介する

「フリーランスを検討しているんだけど、どんな働き方があるの?」
「個人事業主の働き方のサンプルみたいなのがほしい...」

こんな疑問に答えます。

この記事では、フリーランスエンジニア3年目の僕が、フリーランスの働き方について解説します。

類は友を呼ぶのでしょうか。フリーランスを3年していると交友関係もそっちよりになってきました。

フリーランスなる前は、フリーランスの友人0だったのが、今はフリーランスばかりが友人です。笑

そんな僕が、フリーランスの働き方の3パターンほどまとめます。

ぶっちゃけどんな働き方もできてしまうため、この記事で紹介する以外にもフリーランスの働き方はたくさんあると思います。

が、その中でも僕が会った中で比較的多いパターンのフリーランスの働き方をご紹介いたします。

フリーランスの自由は自己責任

3パターンの働き方をご紹介する前に、まずフリーランスのリアルな話を少しだけさせてください。(多分、これ読んだ方が後のコンテンツ理解しやすいと思います。)

フリーランスは全て自由です。↓の2つの働き方をみてください。

  1. 僕は働き者!バリバリお金稼いでやる!休みがない?お金稼げればオッケーイ!(週6で1日10時間労働。週1の休みもメッセの返事したりして、あまり休めない)
  2. 俺はナマケモノやで、のんびり生きていくンゴ。仕事?お金がなくなったら稼げばええやん!(週2〜4ぐらいの労働で、1日は3〜5時間労働。仕事抑えめで、のんびりライフスタイル大事に。)

超正反対ですが、どちらもフリーランスです。

なのでフリーランスだから、「バリバリ働ける!めちゃくちゃ稼げる!」こともなく、逆に「自分の趣味を大切に!好きなことで生きる!」という訳でもありません。

ライフスタイルは確かに自由です。

ですが、仕事を調整して仕事の内容も吟味してある程度稼げるようになって、初めて自由になります。

フリーランスになったから、自由に生きれるわけじゃないのであしからず。

フリーランスの働き方3パターン

ちょっと長い前置きになってしまいました。

  1. 仕事多め
  2. 仕事ほどほど
  3. 仕事少なめ

の3パターンで分けたので、自分がしたい働き方をイメージして読んでいただければ幸いです。

1. 仕事多め、お金稼ぎまくる。将来でかいことするぜタイプ

フリーランスで上りきるんじゃなく、将来法人化して、起業して、でかいことしたい。とにかく稼ぎたい!

↑な人がこのタイプ。

このタイプはハードワーカーな人が多いです。

横で見てると仕事が好きなんだろなと思います。

もう少しちゃんと言うなら、ゴールが起業だったりするので、フリーランスから早く次のステップにいきたいんだろなーと感じてます。

ハードワーカーなので休みなく働いちゃいます。

人前では週に2日ぐらい休むって言うのに、休み中に普通に仕事する人がめちゃくちゃ多い。(一体いつ休むんだろう...)

その分圧倒的に稼ぐ人が多いので、このタイプの稼ぎは月7桁とか普通にいく人が多いですね。

逆にプライベートの優先度は低めな人が多い。会話の内容も常に仕事の話だったりします。

やっている仕事は、Web制作のデザインとかコーディングとか職人的なものじゃなくて、人間自動化して、うまく仕組み作って回している人が多いです。

住んでる場所は、東京とか、物価高めなとこに住んでることが多いかな?

2. 仕事そこそこ、かつ趣味もそこそこ。仕事・プライベート両立型

仕事は、まあまあやろう。週4,5ぐらいで1日8時間ぐらい!で、休みの日は自由に過ごそう!

↑な人がこのタイプ。働きつつも、休むところはしっかり休む。

世間一般的な働き方に近いタイプなんじゃないかなと思います。

仕事の波によりますが、収入は30〜100万あたり。(クソ幅広いですねw)

値段が幅広いのも、この系統の人は職人的な仕事をしている人が多いので、その人のスキルに比例しちゃうからです。(あくまで僕の観測範囲ですが)

ライターでも、マークアップでもデザインでも、どれでもこの金額とライフスタイルは可能だと思います。(...と言うよりは、まともなスキルあれば何やってもこのレベルのライフスタイルは可能な気がしています。)

都会すぎず、かつ田舎過ぎない場所に住んでいる人が多いかなと。

3. 仕事ちょびちょび、ライフスタイル第一。プライベート特化スタイル

自分の好きなことしていたい!お金は少なくてもOK!なくなったら稼げばいい!

↑な人がこのタイプ。

ライフスタイル第一な人がこの形態の働き方をしがちですね。

労働量は、業種や人にもよりますが、週2〜4でサクッと働いてサクッと稼ぐ。そしてのんびり好きなことする的な感じです。

のんびりしたいから、生活コストを下げるために田舎に住んだりとかする人が多いですね。

どんな仕事でも、スキルがあればこの働き方はできると思います。

が、中には自分の趣味を仕事にしている人も。インスタで雑貨売ったりとかそう言う感じ。

フリーランスで好きな働き方をするための努力は必須

3パターンのフリーランスの働き方をご紹介いたしました。

さて、ここで1つクイズです。

この3パターンのライフスタイルに欠かせないものが1つありますが、わかりますか?

答えは、スキルです。

デザイン力でもコーディングスピードでも、ビジネス総合力でもなんでもいいのですが、スキルがないとこのどれのライフスタイルも送ることは難しいと思います。

「働き方は好きにしろ!」と思っていますが、理想の働き方をする前には努力が必要になってしまいます。

フリーランスになっても継続できなければ、お金を稼げなければ生活が破綻してしまいます。

働き方をイメージするのもいいですが、働くための努力は避けられないのです。。。

 

P.S. あ、フリーランスになる努力をするために参考になる文献をおいておきますね。