web制作

【徹底解説】BracketsのeqFTPを使ってFTP接続する方法

【僕の設定書きました】BracketsのeqFTPを使ってFTP接続する方法

この記事の要点!

  • eqFTPは接続パネル・自動化パネル・高度な設定パネルを設定すればOK
  • ファイルを保存すればFTPで変更内容がアップロードされるように

Bracketsのプラグインでftpを導入した時に、ちょっと苦戦したのでメモ。ちなみにBracketsについての記事も書いてます。

Bracketsは優秀なテキストエディタなのですが、初期の機能にftpがついていないので、プラグインで拡張する必要があります。

Bracketsでftpが導入できるプラグインは色々とあるのですが、eqFTPが僕の中ではおすすめです。eqFTPはフォルダを監視してくれるので、ファイルを保存した時にはもちろん。フォルダに画像入れた時にサーバーに自動でアップロードしてくれたりして便利です。

BracketsのeqFTPの導入

まずはじめに、 BracketsにeqFTPを導入しましょう。

Macなら上にある項目からファイル→拡張機能マネージャーをクリックします。

Brackets eqFTP 機能拡張マネージャー

 

クリックして表示される画面の右上にある、検索っぽい欄にeqFTPと入力しエンター。

するとeqFTPが表示されるので、それをインストールしましょう。

これでインストールが完了です。正しくインストールできて入れば、右側にフォルダのマークが表示されます。

BracketsでftpにするためのeqFTPの設定

さて、ここからeqFTPの設定ですが、ここが超わかり辛いのです。

ここがわからない人が多いんじゃないでしょうか?僕もここでかなり時間を取られてしまいました。

なので設定方法を書いておきます。わからない人は参考にしてください。

eqFTPで新しいサーバーにFTPを設定する

まず右側にあるeqFTPのアイコン(フォルダの形をしたやつ)をクリック。

その後、eqFTPと書いてある文字の下にある、歯車のボタンをクリックしてください。

Brackets eqFTP

クリックするとeqFTP接続マネージャーというものが表示されます。

この中にある「+新しい接続先」をクリックすると、右側の表示が変わります。次は表示されている中身を入力します。

僕が普段している設定を書いて置くので、とりあえずBracketsでFTP使いたい人は、同じように設定するとOKです。

接続名:好きな名前

接続パネル

  • サーバー:ホスト名
  • ユーザー名:FTPユーザー名
  • パスワード:FTPパスワード名

自動化パネル

僕の設定画像で貼っときます。

Brackets eqFTP

高度な設定パネル

  • リモートパス:サーバー側で繋げるファイルです。とりあえずFTPを繋げたいなら「/」だけでOK
  • ローカルパス:自分のPCでサーバーと繋げて、作業をするフォルダのパス。作業フォルダ作ったら、右にあるアイコンをクリックしてそれを選択すると、勝手に入力されます。

他の項目は触らなくてOKです。

 

全て入力できれば、右上にある「保存」をクリックしてください。

すると、新しい接続先が追加されています。

Brackets eqFTP

実際にeqFTPを使ってみる

設定できたら、接続できているか確認してみましょう。

接続先をさっき作った所にします。

Brackets eqFTP

接続が無事に行えれば、サーバーのファイルが表示されます。もし表示されていないなら、ホスト名とかが間違ってます。

これで、作業フォルダ内にサーバーのファイルを入れて、中身を変更して保存すると、サーバーにファイルがアップロードされるようになりました!

このeqFTPの設定の注意

作業フォルダのファイル削除以外の変更がサーバーに全て反映されるようになるので、作業フォルダにファイルを入れるときは慎重に入れましょう。

慣れるまでは正直使いにくいので、仕事で使う前に必ず自分のサーバーでテストするのがいいかなと。