jQueryでできる基礎的な処理をまとめた

2019年4月6日

jQueryでの個人的なメモ。

特定の動作が行われた時に実行させる系

ページを読み込んだ時に読み込む



$(window).load(function () {

//ページ読み込み時に実行したい内容を入れる

});

ページがスクルールした時にj読み込む



$(window).scroll(function () {

//ウィンドウをスクロールした時に実行したい内容を入れる

});

ウィンドウ幅が変わった時に読み込む



$(window).resize(function () {

//ウィンドウ幅が変わった時に実行したい内容を入れる

});

上の3つはそれぞれまとめれます

ちなみに上の3つはそれぞれまとめれて



$(window).on('load resize’, function () {

//ページ読み込み時とウィンドウ幅が変わった時に実行したい内容を入れる

});

という風にできたりします。

 

if関連でよく使う系

ウィンドウ幅で判定



if ($(window).width() < 751) {

//ウィンドウ幅が751px以下になった時に実行

});

ただし、こいつは



$(window).on('resize’, function () {

if ($(window).width() < 751) {

//ウィンドウが読み込まれた時のウィンドウ幅が751px以下になった時に実行したい条件

}

});

という感じにして使わないと発動しません。
これがというかif関連は全てですかね。
resizeをloadだったり、scrollでもOK。その時は発動する前提が変わるので、コードの意味も変わります。

スクロールした量で判定



if ($(window).scrollTop() > 200) {

//スクロールした量が200pxを越えると実行する

});

【読み放題】kindleアンリミテッドで実は技術書が読める

Amazonに、読み放題のkindleアンリミテッドがあるのですが、実は技術書もあります。

» kindleアンリミテッドの技術書・一部

技術書は、3,000円とかが当たり前の値段だったりして結構高いのでkindleアンリミテッドで技術書を読むのも結構アリだなと思ってます。

kindleアンリミテッドは月額980円するのですが、全部無料で読むことができるため、本を買うよりお得。

月に1冊技術書を読むのなら、確実に得するので、本で勉強するのが好きな人は、kindleアンリミテッドに入るのがおすすめです。

初回は30日の無料体験ができて微妙ならすぐに解約できるので、一度登録してみるのはアリなんじゃないかと。