じゃあ目標は何?


こんにちは、うえたにです。

 

最近なぜか作曲の仕事をしてて、1週間泊まり込みで曲を作ってます。1週間もあると23歳の僕は、ヒゲがかなり伸びます。ほんとボウボウです。

 

これはクリエイターヒゲというやつですね。クリエイターなら誰もが通る道、、、なはず….

 

クリエイターヒゲについて語るのもいいんですが、本題は別の所にあります。

 

インタビューを見て僕のブログに来た人へ

 

昨日こんなブログを書きました。インタビュー経由で僕のブログに来た人が一定数いるみたいなので、以前とは考えが違うことを書いたのですが、そこもう少し突っ込んで書こうかなと。

 

お金の重要度は高くない どちらかと言うと休みたい

約半年仕事をし色んな人と関わった上での判断なんですが、どれだけお金を稼ぐかではなく、どうやってお金を稼ぐのかが重要と感じました。

 

正直お金を稼ぐだけならいくらでも方法があるので、それに向かって行動をしていけば、月50ぐらいはあっさり行ける気がします。僕はMax30ですが、、、

 

でもただお金を稼ぐだけだとつまんないんですよね。なんというか僕は飽きてしまいます。新卒でフリーランスになったきっかけの1つに、自分で稼げる金額を決めたいという思いがありました。

 

お金が欲しいときはがっつりと欲しいとは思いますが、同時に仕事したくないときはがっつりと休みたいとも思います。どちらかと言えば、がっつり休めるかが自分の中で重要です。

 

会社の仕組みって凄いと思うのですが、自分で休みタイミングをコントロールできないのはちょっとデメリットだと思うんですよね。ただ、それ以上に魅力的なメリットが数多くあると思いますけど。保険とかボーナスとか、給料がある程度補償されてるとか。

 

だから、お金を稼ぐためにフリーランスになったのではなく、自分で好きに休みめるからフリーランスを志したのが少しあります。まあフリーランス想像以上にすることがあって、忙しいですが…

 

新卒フリーランスが考えたフリーランスが生き残つ2つの道

 

フリーランスで今後生きて行くためには2つの方法があると思っています。1つは唯一無二のスキル。誰にも真似できない文章を作るとか、自分だけのデザインセンスをつけるとかですね。

自分にしかできないことがあれば、自分にしか仕事は来ないので、フリーランスとしてかなり強いと思います。もちろん、営業スキルやら人脈やらはある程度のものを持っている前提ですが、唯一無二のスキルがあればフリーランスとしては強い方なんじゃないかと。

 

そしてもう1つは、レアな人になることかなと。

 

 

「新卒フリーランス」が仕事になっている

今仕事は、メディアに文章を寄稿したりWebサイトを作ったりするのが主なのですが、もう1つだけ軸があって、それは「新卒フリーランス」です。

 

どういうことかと言うと、新卒フリーランスだから僕に来ている仕事があるのです。厳密に言えば新卒クラウドワーカーだからとも言うべきでしょうか。新卒フリーランスでクラウドソーシングを利用しているから、イベントに登壇したりセミナーで喋ったりするようなお仕事がちょくちょく入って来ます。

 

考えればレバテックのインタビューもそうでした。これ新卒フリーランスだから話が飛び込んできたんですよね。

 

「新卒でフリーランスという生き方を一般的にしたい」大学在学中に田舎で独立する道を選んだ上谷 亮太さん

https://freelance.levtech.jp/freelance/detail/24/

 

全てはここから僕の新卒フリーランスが始まった気がします。わりかし人生を変えたと言っても過言ではない気がします。

 

自分のライティングスキル、コーディングスキルを考えるとこの業界の先駆者には確実に敵わないなと思うわけです。専業で何年もやっている方と僕のスキルを比べると差は歴然なはず。主観的にも客観的にもそうであるでしょう。

 

でも、レア 度でみると僕はスキルの高い人たちとあまり差が無いはずです。スキルが高く信頼できるフリーランスは希少ですが、クラウドソーシングを使用している新卒フリーランスのかなりレアなはずです。

 

新卒フリーランスでクラウドソーシングを利用している人はいると思いますが、スキル0でインターン経験も無い状態から半年程度でそれなりに利用できるようになった人は少ないと思います。

 

大企業で30社振られるなら自分で働く力をつければ?月収20万を超えた僕が語る新卒クラウドワーカーの始め方

 

Crowd Works運営のメディアに寄稿できる新卒フリーランスは少ないかなと。ちなみにこれスマートニュースがグノシーとかにも乗ったようです。

 

自分はレア度を追求していく

僕は昔から人と違うことをするのが好きでした。全く同じようにコピーをするのは面白くないというか、興がのらないというか。とにかくやる気がでません。あまのじゃくなのかもしれません。

 

だから珍しいこと、変わったことが凄い好きなんです。この変わったことってレアになりますよね。それを研ぎ澄ませれば資本主義ではお金に換わるのかなと、この半年で身を持って体験しています。

 

自分自身このレアになっていく感じは面白くいので、性格的に向いている気がします。あんまり苦じゃない、というか面白い。ある意味天職かもしれません。

 

だからスキルを高めるというよりかは、レア度を高めることに比重を置きたいなと。面白いですし、お金にもなる。個人的には理想的な状態です。

 

 

ただ、「新卒フリーランス」と言えるのも今期だけなので来年からは別の戦略を立てなければいけません。どうやってレアになっていくのか、それを考えるだけでワクワクします。

 

ワクワクは僕の人生のスパイスです。

 

 

 

 


2016年09月06日 | Posted in フリーランス | | No Comments » 

関連記事