僕にクラウドソーシングを始めさせたサルモネラ菌


こんばんは上谷です。

 

僕は新卒で独立する手段として、クラウドソーシングを始めました。

 

今年の2月にCrowd Worksに本気でコミットして3ヶ月、4月の中旬にプロクラウドワーカーに認定されました。

 

その後、インタビューしていただいたり、クラウドワーキングマガジンで僕の体験談を書いたりしました。

 

プロフィール

 

我ながら、新卒フリーランスとしては中々の成果を出しているのかなと。

 

新卒フリーランスとして独立する前はこんな状態になっていると全く想像していませんでした。

嬉しい誤算ですね、はい。

 

9月は4月から6ヶ月目、つまり独立して半年なので昔の自分を最近振り返っています。

 

 

その振り返りの中にクラウドソーシングを始めてやったときのことも思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、サルモネラ菌が僕の脳内に繁殖したのです。

 

 

 

 

 

 

あれは去年の10月

omoi

これは独立する前の年のことですね。

 

このときの自分は新卒で独立しようと思っていて、その手段を探している時期でした。

 

フリーランス 独立

 

などとググっては、有益な情報がないか探していたのです。

 

このとき既にLancersやCrowd Worksといったクラウドソーシングの存在は知っていたのですが、本当にお金が稼げるのか疑っていました。

 

クラウドソーシングに対して疑心暗鬼していた時代です。

今LancersやCrowd Worksで活躍しているプロクラウドワーカー、認定ランサーの皆様にもそんな時代があったんじゃないでしょうか?

 

そんな疑心暗鬼していたとき事件は起こりました。

 

 

 

 

アゲ谷からサゲ谷へ

rock-64958_960_720

このときの僕は地元のスーパーでアルバイトをしていました。

 

事件が起こる日も僕は、いつも通り出勤していました。

 

お気に入りのVan Halenの曲を聞きながらアゲアゲで。

 

服を着替えて、さあ仕事するか!

 

そう思ったときでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は帰ってくれ」

 

 

 

 

 

 

 

英語で言うと go back.

 

バイト先の社員から、いきなりそう告げられてしまいました。

僕には意味が分かりません。

 

Van Halenを聞いてアゲアゲだったのに一気にサゲサゲに。

アゲアゲfly awayが起こったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何があったのかはわかりませんが、とりあえず僕がサゲ谷になったのはわかりました。

 

 

 

 

 

go back 上谷の理由

sad-505857_960_720

僕が帰らなければいけない理由を聞いたところ原因は検便にありました。

このときのバイトは月に一回検便があるのですが、僕の検便に問題があったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前からサルモネラ菌出たで」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう告げられました。

 

 

 

 

 

 

みなさんサルモネラ菌はご存知ですか?

 

 

いや、みなさんは知っていますね。

そう、あれですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

食中毒で恐ろしいアレです。

 

 

アレの症状は高熱に吐き気、腹痛などあまり笑えません。

重症だったら死ぬ可能性が、0.2%ほどあるみたいですからね。

 

 

しかし僕自身には全く症状でませんでした。

 

 

 

 

 

 

「何かの間違いじゃないか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだったら良かったんですが、この後2回ぐらい検便をやり直してもサルモネラ菌が検出されました。

 

 

僕にとっては全く恐ろしくありませんが、スーパー的には超恐ろしいのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は1ヶ月のバイト禁止と病院行き命令を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルモネラ菌に動かされたサゲ谷

marathon-1649905_960_720

1ヶ月のバイト禁止を受けた僕は焦りました。

 

欲しい本、欲しい物、たくさんあるのに1ヶ月バイトできなかったらお金がない…

 

独立をするため色んなものにお金を使っていたので、お財布事情はピンチでした。

 

サゲ谷は、心だけでなく財布もサゲサゲだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とかしてお金を稼がないと…

 

 

 

 

 

 

でも派遣は面白くないし、一回一回の手間が面倒だしできればしたくない。

それにやったことでスキルが身につくわけでもないので、当時の僕にはあり得ない選択肢でした。

 

そんなサゲサゲ状態の僕に、1つの言葉がよぎりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウドソーシング

 

 

 

ネットで、まだ東京で消耗しているの?を見ているとその言葉が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだ!

 

当時の僕は、イケハヤに煽られるようにしてLancersに登録するのでした。

 

これが新卒フリーランスになる最初のきっかけになるとは思いもよらずに…

 

 

 

 

 

 

 

クラウドソーシングで不安な壁をサルモネラ菌が壊してくれた

piranhas-123287_960_720

こんな感じで僕はクラウドソーシングを始めました。

 

インタビューやらクラウドワーキングマガジンでは偉そうなことを言ってますが、クラウドソーシングを始めたきっかけは本当に偶然なのです。

 

あのとき、サルモネラ菌がいなかったら新卒フリーランス上谷は出現しなかったかもしれません。

 

 

クラウドソーシングに不安だった上谷の背中をサルモネラ菌が押してくれました。

サルモネラ菌で人生が変わったと言っても過言ではありません。

 

僕はサルモネラ菌に頭が上がりませんね…

 

 

 

 

 

とにかくやってみること

baseball-player-1045263_960_720

この話を思い出してて思ったことが、とにかくやってみることが重要だなと。

 

在宅ワークセミナーへ行くと、クラウドソーシングを始めるまでの一歩が踏み出せない人が必ずいます。

 

中には実力はあるのに前へ踏み出せない、そんな人も。

 

 

ですが、その一歩の躊躇今後の人生を変えてしまうかもしれません。

僕はたまたまサルモネラ菌が背中を押してくれました。

 

やるきっかけは何でもいいのです。

とにかくやること、実行することが大事だから。

 

 

後にも先にもサルモネラ菌に背中を押されてクラウドソーシングを始めたのは僕だけだと思いますが、そんなゴミのようなきっかけでも、それなりに成果はあげれます。

 

大事なのは

 

 

とりあえず実行する。

 

 

これだけです。

 

最低のきっかけでクラウドソーシングを始め、成果を出した僕だからこそ言える言葉だと思ってます。

みなさんも自分を fly awayさせていきましょう。

 

 

 

 

 

ちなみに最後まで僕に自覚症状は出なかったので、サルモネラ菌検出は僕に対する誰かの陰謀だと疑ってます。


2016年09月22日 | Posted in フリーランス | | No Comments » 

関連記事