ママさん在宅ワーカーのプロ集団mamimuのパーティに参加して感じた道を作る力


独立して4ヶ月目が終わろうとするこのごろ。

最初は本当にやっていけるのか、新卒でフリーランスになって大丈夫なのか不安な毎日でした。

特に4月は夜寝れない日もあったりしてあんまり生きた心地をしなかったのを覚えています。

 

僕がいた大学のサークルだと、「佳境!」とか叫んだりするんだろうか。

 

でも4月、5月、6月のどの 月も報酬が20万円を超えていてそれなりにお金は稼げていて、(6月は30万を超えてたり…)生活に心配することはなくなりました。

 

4.5.6と結構頑張ったので7月はちょっと休憩しようと思い、15万ぐらいしか仕事をしない予定でした。

それが嬉しいことに知り合いの方が仕事を下さったりが重なり、今月も20万は超えそうです。

 

最近は、仕事の幅が広がったというか色んなことをするようになった気がします。スクーで喋ったり、100人ぐらい前のでパネラーをしたり、インタビューをさせていただけたり、部屋にこもってひたすらライティング・コーディングをすることが少なくなりました。(もちろんその2つの仕事は今もやってます)

 

また、ブログのお問い合わせフォームから新卒フリーランス・甲南の学生から連絡が入ったりと今まででなかったことも出てきました。

 

今日はそのなかったことの1つ、mamimuのパーティに参加したことについて。

mamimuって?

育児中の「働く」を考える。

引用:http://mamimuworks.org/

 

端的に言えば、プロのフリーランス集団。

 

デザイナー、ライター、翻訳家、書道家、Webデザイナー…

などなど各分野のプロフェッショナルが1つのチームとして活動をしているもよう。

 

 

これだけを聞くとよくあるフリーランス集団なのかな?と思うけど、1つ特徴が。

全員が育児をしているママさんなのです…!

 

パーティに行くとお子さんを連れてきている方がいました。mamimuの重役の方も例にもれず。

 

育児しながら仕事は不可能?

mamimuの方を見て思ったことがあって、自分で道を切り開いているなーと。

 

育児をしていると、一般的に仕事をするのが難しいと言われています。理由は色々とあると思いますが、一番は柔軟に使える時間が少ないからだと個人的には思ってます。

 

今自分の周りに育児をしている方がいます。それを見て感じたことなんですが、基本的に子供と離れるわけにはいかず、寝ている時間以外は全て面倒を見ているのかなと。それで基本は家にいることが多い。

これは確かに、育児をしながら仕事をするのは難しいなーと。

 

新しい命を育てていて、育児はとっても素敵なことだけど、ネガティブな面もちょっとあったり…

そのネガティブな面が、働くということを難しくしているのかなと。

 

道は自分で作る

でもmamimuの方々はそんなことにはめげません。時間は作るものと言わんばかりに、時間を作りわずかな時間に全力を注いでいる。

 

 

以前、mamimuの方にインタビューをしたことがあるのですが、その時に子供を寝かしつけながらスマホ片手にタスクの仕事をしていると聞いて、心が震えた。

 

mamimuの方々は、非常にパワフル… !

道を作る力があるんだなと。

 

 

僕もある意味同じかも

mamimuの方は仕事をする手段の1つとして、在宅ワークなんだなと。

「この手段の1つ」はちょっと自分も似たような感じかもしれない。

 

新卒でフリーランスになって、Webメディアのプロフィールには新卒フリーランスと名乗ることが多いけど、個人的には新卒フリーランスとかはどうでもよかったりします。

そもそもフリーランスは僕にとってあくまで1つの手段でしかない。自分の意思で生きてみたいと思っていて、会社に入ると自分の意思以外のもの大きく左右されそうな気がした。

早い話カンです。

 

 

自分の意思で生きるのを実現する手段が、フリーランスだったので僕はフリーランスになりました。

これが僕なりの道を作る手段です。これがmamimuの方と近いんじゃないかなと。

 

 

在宅ワーク歴は4ヶ月ほどですが、自分も在宅で仕事をしているので、在宅ワークの色んな側面があることを肌で感じています。

在宅ワークにはいい側面だけでなく悪い側面もあるのですが、いい側面を上手いこと活用している感じがmamimu方から感じる。

 

パワフルでポジティブなエネルギーを感じ、それを少し分けていただいたパーティでした。


2016年07月24日 | Posted in フリーランス | | No Comments » 

関連記事